戸建注文住宅、受注棟数は2期連続でマイナス|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

query_builder 2022/11/16
ブログ
20201001154021


 (一社)住宅生産団体連合会は14日、2022年度第3回「住宅業況調査」(22年7~9月)の結果を発表した。

 会員各社の支店・営業所・展示場等の営業責任者を対象に、四半期ごとに住宅市場の業況感についてアンケート調査を実施。総受注棟(戸)数、総受注金額および1棟(戸)当たりの床面積について、今期が前期と比較してどの程度増減したか、次期が今期と比較してどの程度増減するかを5段階で回答してもらい、指数化している。今回のアンケートは22年10月中旬に回収した。回答数は「戸建注文住宅」が378、「低層賃貸住宅」が161。

 「戸建注文住宅」は、前期(22年4~6月)比で、受注棟数がマイナス28ポイント(前期:マイナス13ポイント)と、2期連続でマイナスだった。受注金額はプラス21ポイント(同:プラス22ポイント)、1棟当たりの床面積はマイナス3(同:プラス2)。

 顧客動向については、「見学会、イベント等への来場者数」の62%、「全体の引き合い件数」の54%が、「減少」と回答。「ウェブの引き合い件数」の43%、「土地情報の取得件数」の52%、「消費者の購買意欲」の51%が「横ばい」と答えた。

 次期予想は、受注棟数マイナス15、受注金額プラス8、1棟当たり床面積マイナス4を見込む。

 「低層賃貸住宅」は、前期比で受注棟数がプラス5ポイント(同:0)。受注金額はプラス29ポイント(同:プラス24ポイント)、1棟当たり床面積はプラス17(同:プラス13)。次期は受注棟数マイナス1、受注金額プラス12、1棟当たり床面積プラス13を見込む。



記事検索

NEW

  • 新築戸建て、既存マンションとも価格上昇傾向続く|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2023/01/30
  • 市場動向や地域特性に基づき不動産売却をサポート|八潮周辺の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2023/01/29
  • レインズ成約報告、前年比で3ヵ月ぶりのプラス|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2023/01/25
  • 22年の首都圏既存M価格、31年ぶり4,000万円台|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2023/01/24
  • 八潮草加で不動産売却をご検討の方|八潮周辺不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2023/01/22

CATEGORY

ARCHIVE