注文住宅、ZEH|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

query_builder 2022/09/20
ブログ
80a92d79bfb5b43d070aeb56e9332ae8


 (一社)住宅生産団体連合会は15日、「2021年度 戸建注文住宅の顧客実態調査」の結果を発表した。

 戸建注文住宅の顧客ニーズの変化を把握することを目的として、00年から開始し、今回で22回目。調査対象エリアは、3大都市圏(東京圏、名古屋圏、大阪圏)と地方都市圏(札幌市、仙台市、広島市、福岡市、静岡市)。有効回答数は3,420件(内訳:住団連企業会員13社2,631件、団体会員5団体789件)。

 21年度調査では、世帯主年齢の平均は39.9歳(前年度比0.3歳上昇)で、例年どおり30歳代の割合が高くなった。世帯構成では「親子世帯」が54.2%、「夫婦世帯」が29.3%だった。
 世帯年収は993万円(同29万円増)。自己資金は1,481万円(同188万円増)で、贈与額は1,538万円(同3万円増)。借入金は4,967万円(同366万円増)、借入金年収倍率は5.00倍と前年度を0.23ポイント上回った。

 住宅の延床面積は124.5平方メートル(同2.3平方メートル減)で、15年以降縮小傾向が続いている。建築費は3,816万円(同1万円増)、住宅取得費合計は5,783万円(同446万円増)となった。平均建築費単価は30.6万円/平方メートル(同0.5万円増)、15年以降上昇傾向が続いている。住宅取得費の世帯年収倍率は6.4倍で、昨年度から0.3ポイント上昇した。

 「借入金あり」の割合は85.9%を占めた。適用した減税制度では「住宅ローン減税(長期優良住宅)」が78.4%で最も高くなっている。住宅ローンの金利タイプは、「変動金利」の割合が85.1%と増加した一方で、「全期間固定金利」と「固定金利期間選択型」は低下した。

 同協会は、世帯年収が増加したものの、建築費、住宅取得費が上昇し続けていることから、延床面積を抑制するとともに、自己資金や借入金を増やすことで対処していると分析した。

 住宅の性能や関心についての調査項目では、認定長期優良住宅は全体の86.3%(同2.0ポイント上昇)を占めた。ZEHの検討の有無では、「ZEHにした」が27.9%(同6.5ポイント上昇)となり、「検討しなかった」が43.9%(同7.7ポイント下落)となった。

 住宅購入を検討する上で重視した点は、前年度と同様に「間取り」が67.1%で最も高く、以下、断熱性・気密性(41.1%)、耐震性能(36.7%)、収納(35.8%)、広さ(35.4%)。最新設備・建材・技術で、採用の有無にかかわらず顧客が特に関心の高かったものでは、設備「太陽光発電パネル」(64.4%)、建材「メンテナンスフリー外壁」(35.6%)、技術「構造システム(免振・制振等)」(20.1%)となった。



記事検索

NEW

  • 北小金駅南口東地区の再開発事業が都市計画決定|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/29
  • 不動研住宅価格指数、25ヵ月連続の上昇|八潮・草加周辺の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/28
  • 首都圏新築戸建て、既存Mとも上昇傾向続く|八潮・草加周辺の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/27
  • アパート家賃、カップル・ファミリー向けで上昇|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/26
  • 八潮.草加周辺空き家ご相談|八潮周辺の不動産のことなら三共コスモス株式会社にお任せください

    query_builder 2022/09/25

CATEGORY

ARCHIVE