空き家の売却|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

query_builder 2022/03/18
ブログ
c343527b95628498a293c4b82a64ec57-400x267

空き家の築年数が20年以内なら中古住宅として販売ると良いでしょう。

築年数が経っておらず、リフォームなど必要なく今すぐ住める場合は空き家としてでなく

中古住宅として販売することが可能です。

土地だけでなく建物にも価値をつけて販売することができるので、土地だけで売るよりも高く売れます。

明確な決まりはありませんが、家が古家と呼ばれるのは築20年を過ぎたら。よって、

築20年を超えるまでは中古物件として売却できる可能性が高いでしょう。

築年数によって資産価値は変わりますし、築20年以内でないと原則住宅ローン減税を受けられないこともあり、

築年数は浅ければ浅いほど高く・売れやすくなります。

記事検索

NEW

  • 北小金駅南口東地区の再開発事業が都市計画決定|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/29
  • 不動研住宅価格指数、25ヵ月連続の上昇|八潮・草加周辺の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/28
  • 首都圏新築戸建て、既存Mとも上昇傾向続く|八潮・草加周辺の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/27
  • アパート家賃、カップル・ファミリー向けで上昇|八潮の不動産のことなら三共コスモス株式会社

    query_builder 2022/09/26
  • 八潮.草加周辺空き家ご相談|八潮周辺の不動産のことなら三共コスモス株式会社にお任せください

    query_builder 2022/09/25

CATEGORY

ARCHIVE